Carl Adolph Schuricht
カール アドルフ シューリヒト

sold out sold out sold out

カール・アドルフ・シューリヒト( 1880年7月3日 - 1967年1月7日)は、ドイツの指揮者。
1901年からマインツ市立歌劇場のコレペティトール(声楽練習の伴奏者)を務め、音楽家のキャリアをスタートさせる。
シューリヒトはかなり高齢になってから世界的名声を得た人である。
シューリヒトの演奏スタイルは、基本的にテンポが非常に速く、リズムは鋭く冴えており、響きは生命力に満ち、かつ透明度の高いものであった。彼の楽譜の読みはどの指揮者よりも個性的で、ある時はザッハリヒに厳しく響かせたり、ある時はテンポを動かしながらロマンティックに歌わせるなど、決して一筋縄ではいかない意外性があったが、音楽全体は確信と明晰さにあふれていた。また、同じ曲でも決して毎回同じようには指揮せず、演奏するたびに新鮮な感動と発見を聴き手に与えるのであった。
レパートリーはバッハからマーラー、ドビュッシー、ストラヴィンスキー、ディーリアスまでレパートリーが広いが、特にモーツァルトやブルックナー、ベートーヴェン、ブラームスの交響曲の演奏が知られている。


ページ移動 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10 11 トップページ

交響曲  協奏曲  室内楽       classic索引      


名盤INFO
052(734)3061
愛知県公安委員会許可第541170602100号
担当者 町田