Herbert von Karajan
ヘルベルト フォン カラヤン

       
       
       
       
       
     
       
sold out
sold out sold out sold out sold out

ヘルベルト・フォン・カラヤン( 1908年4月5日 - 1989年7月16日)はオーストリアの指揮者。
1955年より1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務め、一時期それと同時にウィーン国立歌劇場芸術監督などクラシック音楽界の重要ポストを兼任した。
1908年にオーストリア・ハンガリー帝国(現在のオーストリア共和国)ザルツブルク州のザルツブルクで貴族の子として生まれた。ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院とウィーン音楽院で学んだ後、親の買い上げたオーケストラによりザルツブルクでデビュー。
1954年、ドイツ音楽界に君臨していたヴィルヘルム・フルトヴェングラーが急逝したことで、翌1955年にベルリン・フィルの終身首席指揮者兼芸術総監督の地位に登りつめ、1989年まで34年もの長期間この地位にとどまった。1956年にはウィーン国立歌劇場の芸術監督に就任。ベルリンとともに、世界の人気を二分する両オーケストラを同時にたばねることになり、このころから帝王と呼ばれ始める。
カラヤンは当時の同世代の指揮者としては非常に広範なレパートリーを有していた。ベートーヴェンやブラームス、R.シュトラウス、ブルックナーなどのドイツ・ロマン派の音楽や、チャイコフスキー、あるいはモーツァルトのディヴェルティメントやセレナーデなどで特に高く評価された。また、ヴェルディやプッチーニ等のイタリア・オペラ、シベリウスやグリーグなど北欧の作品も手がけた。また、シェーンベルク、ベルク、ヴェーベルンなどの新ウィーン楽派の演奏でも高い評価を得た。R.シュトラウスとは個人的な知己でアドバイスをもらっており、彼の作品の演奏も高い評価を得ている
1989年4月24日、ウィーン・フィルとの演奏会出演の翌日に、健康上の理由でベルリン・フィルの芸術監督と終身指揮者を辞任した。その3か月後、ザルツブルク近郊にあるアニフの自宅でソニーの大賀典雄社長(当時)との会談中に、心不全により死去した。

ページ移動 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10 11 トップページ

交響曲  協奏曲  室内楽       classic索引      

お支払い方法(銀行振り込み)
振込み口座
ジャパンネット銀行 本店営業部
普通預金 1875430
カ)ナンデモインフォ
 
振込み口座
三菱東京UFJ銀行 今池支店(イマイケシテン)
普通預金 4571396
カ)ナンデモインフォ

株式会社 何でもINFO
名古屋市中区大須1-7-14 パークIMビル2F
052(734)3061
愛知県公安委員会許可第541170602100号
担当者 町田