Rudolf Kempe
ルドルフ ケンペ


ルドルフ・ケンペ (1910年6月14日 - 1976年5月12日)はドイツ人のオーボエ奏者で指揮者。
ドレスデン近郊ニーダーポイリッツで生まれドレスデン音大でオーボエを学び卒業。
ケンペは、ベートーヴェン、ブラームス、ワーグナー、ブルックナーなどドイツの作曲家の作品を得意とするだけでなく、チャイコフスキーやドヴォルザークなどスラブものにも適性を見せている。古くはバッハ、近代ではラフマニノフやレスピーギさえ押さえてしまうレパートリーの広さを誇る。その指揮は、冴えたリズム感、自身もオーボエ奏者であったことからくる各声部の透明で豊かな響き、歌劇場での活動に支えられた劇的表現といった積極的要素に富んだ、「正統派」としてきわめて説得力が高く指示が多い。


ページ移動 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10 11 トップページ

交響曲  協奏曲  室内楽       classic索引