運の花押を作る花押工房

花押工房
徳川綱吉の花押
TOP



江戸幕府の第5代将軍。
3代将軍・徳川家光の四男として1646年1月8日、江戸城に生まれる。
1651年8月、家光が死去し、8月に長兄の徳川家綱が将軍宣下を受ける。
1661年8月、上野館林藩主として城持ちとなったことで所領は25万石となる。
1680年5月、家綱に跡継ぎとなれる男子がなく、その養子になれたであろう三兄の綱重も既に亡くなっていたため、家綱の養嗣子として江戸城二の丸に迎えられ、同月に家綱が40歳で死去したために内大臣および右近衛大将となり、さらに将軍宣下を受ける。
有名な生類憐みの令をはじめとする、後世に“悪政”といわれる政治を次々と行うようになった、生類憐れみの令については、母の寵愛していた隆光僧正の言を採用して発布したものであるとされる。なお、一般的に信じられている、過酷な悪法とする説は、江戸時代史見直しの中で再考されつつある。これらが幕府の財政を悪化させた。1709年1月10日に成人麻疹により死去、享年64。
家宣が将軍になると「生類憐れみの令」はすぐに廃止された。しかし殺生である鷹狩りは、徳川吉宗が8代将軍になったのちまで復活することはなかった。


花押の販売
花 押

花押を送料、税込みにて鑑定証書、花押七点証書、七点の説明書、筆順書付きで1点
45,000円


納品花押は1週間の納期でお送りいたします。



FAXにての注文は 052-731-0437 にお送り下さい。
鑑定に必要ですからお名前に必ずふり仮名を付けて、生年月日、ご職業は記入してください。

お支払い方法 銀行振込でお願いします。
振込み口座 三菱UFJ銀行 今池支店 普通預金 口座番号 4571396 カ)ナンデモインフォ


TOP
株式会社 何でもINFO
名古屋市中区大須1-7-14 パークIMビル2F
052(734)3061
花押工房
担当:亀岡
カウンター
                                                                     
徳川綱吉の花押