運の花押を作る花押工房

花押工房
美しく風雅な芸術性に富み奈良時代から歴史ある日本独特のサインです
陰陽、五行、七点等の法則に則り風格のある開運の花押を作っています




花押(かおう)は証明書、認可や通達書、文書決済判などに使用します 



花押の説明
花押の押すという字には署名するという意味があり、花のように美しく署
名したものをいいます。
奈良時代から戦国時代後期までは花押を判といっていたが織田信長ら戦国
武将が私印を自由に使用するようになったため、区別するため花押を(書
き判)といい印章を(印判)というようになったのです。花押は判を加え
るといい、印鑑は判を押すという。

花押の種類
花押を大きく分類しますと草名体、一字体、二字合体、明朝体(徳川風花押)、別用体です
公家風花押
天皇や公家が多く使用した花押です。


平安風花押
奈良時代からありましたがこの時代になって花押らしくなってきました


鎌倉風花押

武家がこの時代使用し流行したものです


北条風花押
北条幕府の執権が使用した作風


足利風花押
足利尊氏が使用したものの作風と慈の字形の花押がこの時代流行しました


戦国風花押
慈の字風花押に数本の足を付けた形の花押が戦国武将・大名
や各地の階層に普及し、徳川時代初期まで使用されました。


徳川風花押明朝体
徳川家康が用いたことから一世風靡し徳川判といわれ
今日まで使用されている花押です
(明朝体)

徳川歴代将軍の花押


数奇者風花押
僧侶、茶人、書家、画家など文人のほか広く用られ自由に
文字ではなく絵などを図案化した芸術的な花押が多い。(別用体)



政治家の花押
明治時代から近代までの政治家、総理大臣の花押


花押の使い方
花押は本来署名する意味があるので普通に名を書いたうえに花押を加えるこ
となかったが、その後意味や起源をしらない人が増えてたり名前と関係ない
文字の花押が作られようになり署名してさらに花押を加えることが一般的に
なってきて徐々にこれが正式な使い方となったのです。
元来は官職・姓などの次に加えるのが原則であり、通常、日付けの下に書い
ていた。部下から提出された文章に認可を与える場合は文章の前や後の余白
に花押を加えていました。文章の前や後の余白に花押を加えたものを袖判といい、
奥の余白に花押を加えたものを奥判といいます。
所領や財産を譲渡された場合これを幕府に届け出て承認してもらう文章に届
出をだす代理者が袖判を加えて渡す。袖判はこういうような使い方をしました。
奥判の使用例は戦で手柄をたてたとき上司に証明してもらい後で恩賞をもら
うときの証拠とするのが軍忠状、又は戦場に遅れをとらないで馳せ参じたこ
とを証明してもらうものが着到状です。どちらも通常は奥の余白の所(文章
の左端)にいっけんおわんぬ(一見了)とか、うけたまわりおわんぬ(承了)
と書いて記名せず花押のみ加えていました。
現代は記名の次に花押を加え
るのが一般的です。
政府閣議における閣僚の署名は、明治以降現在も、花押で行うことが慣習
となっています。

企業での稟議、官公庁での決裁などに花押が用いられることがあります。
花押に署名としての効力はあり、押印を要する文書についても花押を押印
の一種として認めるべき旨の見解(自筆証書遺言に要求される押印など)
が現れるようになりました
花押と印鑑
印鑑も花押その文章が真実であることを証明するために押すのです。
元来高貴で身分の高いひとは印鑑は自分で押さず係りのものに押させるのが
普通です。たいへん重要な場合や丁重に礼をつくす場合は印鑑ではなく花押
を本人自ら書いて誠意を相手に示し事の重要性の証となるわけです。

現在は印鑑は公的な役所の申請や銀行金融、商取引などその他一般に使用し
ますが花押はそれ以外の
証明書、認可、通達書、文書決済判各流派の允可、免許、許可書、伝授、得度、受戒、折り紙、書画、掛け軸や陶器の箱書きなどに用い使い分けをすれば重みと風格がでると思います。

歴代総理大臣、各大臣、政治家、宗教家、財界人、会社社長や役員、団体理事や役員、芸術家、文化人など知的で地位や身分の高い方々が使用しています。

一般の方でも花押を持っている人はクラスが高く思えます。

花押の作り方
作成方法の簡単な説明致しますと生年月日の陰陽五行と名前の中から相性の
合う(相生)吉文字一字
を選んで作りますので同姓同名の方でも同じ形には
なりません
七点を整え吉相の開運の花押ができるのです。
生年の(五行)木、火、土、金、水、陰陽と名前の五行陰陽とが相剋する凶文字を除き相性の吉文字を選ぶ。
1)命運点 2)身魂点 3)福徳点 4)敬愛点 5)眷属点 6)住所点 7)降魔点の七つの形を作る。

花押の販売
花 押

花押を送料、税込みにて鑑定証書、花押七点証書、七点説明書、筆順書付きで1点
45,000円


鑑定に必要ですからお名前に必ずふり仮名を付けて、生年月日、ご職業は記入してください。

納品花押は1週間の納期でお送りいたします。



FAXにての注文は 052-731-0437 にお送り下さい。
お支払い方法 銀行振込でお願いします。
振込み口座 三菱東京UFJ銀行 今池支店 普通預金 口座番号 4571396 カ)ナンデモインフォ
ジャパンネット銀行 本店営業部 普通預金 1875430  カ)ナンデモインフォ





花押鑑定証書



FAXにての注文は 052-731-0437 にお送り下さい。
鑑定に必要ですからお名前に必ずふり仮名を付けて、生年月日、ご職業は記入してください。
TOP

株式会社 何でもINFO
名古屋市中区大須1-7-14 パークIMビル2F
052(734)3061
花押工房
担当:亀岡
カウンター